プロフィール

小さい頃からアレルギー体質とつきあいながら、今は二児の子育てと旦那のメタボに悪戦苦闘中!「与えられた条件の中でどれだけ楽しめるか」をモットーにシンプルな快適生活を日々発見していきます♪

月別 アーカイブ

HOME > ひとみ店長の店長日記 > さとう式リンパケア久留米スクール(ごごのひだまり)

ひとみ店長の店長日記

< おめでとうございます  |  一覧へ戻る  |  風邪・インフルエンザ対策のアロマオイル >

さとう式リンパケア久留米スクール(ごごのひだまり)

当店では、さとう式リンパケアの施術の他に、・ご自分や家族の健康維持の為、・お仕事に取り入れる、活用する。など、いろいろな方に、さとう式リンパケアの各種セミナーを開催しています。

まちゼミでの無料講座・くるめLLアドバイザーへの依頼講座・企業様への出張講座なども行っていますので、お問い合わせください。

さとう式リンパケア施術予約、セミナーのお問い合わせ、ご質問などは、
0942-48-4321(ごごのひだまり)までお願いいたします。

さとう式リンパケアでは

「細胞が元気になる!」 ことを自分でもサポートできるようになります!


「さとう式リンパケア」はこれまで美容の分野や健康法のひとつとして知られていますが

その中で使われているものは、あくまでも技法の一部です。

実はもっと広く

「人間のカラダとは何か?」

「人間のカラダにとって良い状態とは何か?」

「どうしたら人間はカラダを自然に使うことができるか?」 

ということに焦点をあて、そのためにはどうしたらいいかを日々模索して進化しています。

歯科医師である佐藤先生ならではの口腔から整えるという考え方のもとには、
次のような「人間のカラダ」についての見立てがあります。


「さとう式リンパケア」 理論の大前提

★人間のカラダの構造は4つ(3つ)の腔からできている

したがって、この大前提から導き出された「必要なこと」が以下の3つです!


★良い状態にするためには、「腔をしっかり立てる必要がある」


★良い状態にするためには、「筋肉をゆるめる必要がある」


★良い状態にするためには、「屈筋を使う必要がある」

o0640076813840270915.jpg
 腔の概念イラスト : さとう式リンパケアHPより引用

腔がしっかり立つ


筋肉がゆるむ


屈筋が使えるようになる


腔が立った状態が楽に続く


屈筋が楽に使える


筋肉がゆるむ

と螺旋状、スパイラルに循環しています。


せっかくカラダにいいと思ってやっていることが、実はカラダにとっては不自然なことで
その結果、いまいちカラダがよくなるスイッチが入らない場合もあります。


長年やってきたこと、自分が当たり前だと思ってやっている方法で、改善がみられないときは、
これまでの習慣や常識とは違う角度で試してみると、不思議とカラダが楽になり始めるかもしれませんよ。

さとう式リンパケア施術予約、セミナーのお問い合わせ、ご質問などは、
0942-48-4321(ごごのひだまり)までお願いいたします。


タグ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: さとう式リンパケア久留米スクール(ごごのひだまり)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.gogono-hidamari.com/cgi-bin/tl_cms/mt-tb.cgi/1688

コメントする

< おめでとうございます  |  一覧へ戻る  |  風邪・インフルエンザ対策のアロマオイル >

このページのトップへ