プロフィール

小さい頃からアレルギー体質とつきあいながら、今は二児の子育てと旦那のメタボに悪戦苦闘中!「与えられた条件の中でどれだけ楽しめるか」をモットーにシンプルな快適生活を日々発見していきます♪

月別 アーカイブ

HOME > ひとみ店長の店長日記 > 天然樟脳(内野樟脳)が入荷しました。

ひとみ店長の店長日記

< セサミオイルがなぜ良いか  |  一覧へ戻る  |  営業時間変更のお知らせ >

天然樟脳(内野樟脳)が入荷しました。

天然樟脳(内野樟脳)が入荷しました。
製造が間に合わず年に20個位しか入荷がありません。
今回は8か月ぶりに入荷しました。

衣類の衣替えに活躍

150年の結晶ともいうべき天然樟脳(てんねんしょうのう)。九州産の樟(くすのき)だけを原料に、いくつもの作業工程で作り続ける天然の樟脳は、一つ一つ手漉き和紙に包まれています。そのまま、クローゼットに入れて置くだけで、大切な衣服を樟の爽やかな香りで守ります。

一般に樟脳と言うと、鼻にツンとする独特の臭いを想像しますが、樟から採れる100%天然樟脳は、想像と異なる自然の香りです。化学製品の防虫剤と違い、その香りはまるで森林浴のような爽やかさ。
安価な合成防虫剤の普及で、 手間ひまかけて作られる樟脳は需要が減って製造が少なくなっていましたが、自然志向のライフスタイルの見直しや、化学物質アレルギーがある人の肌に優しい点もあり、近年その良さが見直されています。

天然樟脳の芳香が、衣服を包みこんでしっかりガード。空気にさらせば、香りがすっと消えるので、防虫剤の匂いが気になることもありません。ここが、化学薬品の防虫剤と大きく違い嬉しい点です。
また、防虫の木として家具や仏像に使われてきた樟は、タンスや本棚はもちろん防臭効果もあるので、靴箱やトイレなどにもご利用頂けます。

樟から採れる100%天然の防虫剤を作るのは、江戸時代から続く創業150年の内野樟脳です。日本最古の樟脳工場で、他の工場に製造方法の継承し続ける貴重なメーカーです。

九州産の樟(日本の樟の80%が自生)を原料に、枝葉を蒸留して作られる天然樟脳だからこし、化学的な防虫剤に比べて嫌な臭いがしないのです。

内野樟脳の天然樟脳オイルは、昔ながらの製法で3〜4日かけて作られています。
まず、間伐材や倒木、素材として不要となった樟をチップ状にしていきます。細かく砕かれたチップを蒸し、出てくる蒸気を冷やして結晶化させ、搾って固める。という工程を経て製品が出来上がります。
効率化より、良い品質のものを提供していきたいと、400年も昔に日本に伝えられた製法で作り続けています

2722-1.jpgのサムネール画像のサムネール画像




*** 福岡県久留米市の 無添加・オーガニック商品(コスメや日用品)、オーガニックコットン、女性用品、アロマオイルなどの雑貨、ハーブティーや穀物コーヒーなど、体や地球にやさしい物を集めた雑貨店です。また、有機微生物群を使った手作りコスメ、さとう式リンパケアのボディケアやフェイシャルケアなどを行っています。 ***

             
             「
ごごのひだまり」
                            西鉄久留米駅より徒歩5分   

                       〒830-0036  久留米市篠原町4番地
           
 TEL/FAX 0942-48-4321




タグ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 天然樟脳(内野樟脳)が入荷しました。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.gogono-hidamari.com/cgi-bin/tl_cms/mt-tb.cgi/1790

コメントする

< セサミオイルがなぜ良いか  |  一覧へ戻る  |  営業時間変更のお知らせ >

このページのトップへ