プロフィール

小さい頃からアレルギー体質とつきあいながら、今は二児の子育てと旦那のメタボに悪戦苦闘中!「与えられた条件の中でどれだけ楽しめるか」をモットーにシンプルな快適生活を日々発見していきます♪

月別 アーカイブ

HOME > ひとみ店長の店長日記 > アーカイブ > オーガニックと有機JASについての最近のブログ記事

ひとみ店長の店長日記 オーガニックと有機JASについての最近のブログ記事

オーガニックと有機JASについて

オーガニックと有機JASについて

「オーガニック」とは安心と信頼の証。食・環境の安全の為にも「正しいオーガニック」を理解してこれからの食生活にどうぞお役立てください。


budオーガニックとは?


オーガニック・・・日本語に直訳すると「有機」や「有機栽培」の意味です。では「有機」とは何? となりますが、農産物としての意味合いは「生物由来や天然物から派生する生産物」として捉えると分かり易いでしょう。つまり単純な意味でのオーガニックは自然から生まれたもの的な感覚でほぼ正解といえます。

しかし農産物の"流通"においてのオーガニックは「オーガニックとしてしっかり認められたもの」に限ってその意味を成します。それに該当するのが「オーガニック(有機)認定」ですが、単純に無農薬・有機栽培だけではオーガニック「認定」を取得することはできません。オーガニックに携わる人の正しい知識と心構え、そして国際基準の資格を持つ第三機関の認証によって初めて本当のオーガニックとして認められ市場流通が可能となります。
そのオーガニックの認定基準は各認証機関によって若干異なりますが基本的には以下の条件を満たすものです。

【 有機栽培 】
 1.農薬を使わない
 2.化学肥料は使わない
 3.肥料を使用する場合は有機肥料のみを使用する
【 有機認証 】
 1.圃場は最低3年以上農薬を使っていない
 2.有機肥料であっても化学薬品や重金属が含まれないものを使用する
 3.栽培によって環境を破壊しない
 4.労働条件を厳守している
 5.環境・衛生管理の整備
 6.上記に関する管理プログラムの制定とその実施
 7.上記に付帯する全ての事項に対する第三認証機関による検査と認証及び年次更新

以上のように食の安全確認はもちろんのこと、自然環境や働く人々にまで配慮した厳しい条件をクリアして初めてオーガニックとなります。オーガニックは単に人間の食生活だけを考えたものではなく、自然と人類の共存の未来を考えた地球規模のプロジェクトです。


bud認定機関が認めたオーガニックとは・・・

自称のオーガニックと第三機関による認定のオーガニックでは違いがあります。
現在、市場には「オーガニック」と表示されている商品は多く存在しますが、その中には自称のオーガニックであるケースもあるようです。自称のオーガニックでは、例えば有機基準に満たない圃場・栽培方法や、最悪の場合として農薬を使用していても「無農薬・オーガニック栽培」としての流通販売が可能です。また、本当に無農薬有機であっても、その生産物の保管や搬送段階で何かしら汚染されていても分かりません。
つまり「自称」の場合は正真正銘のオーガニックである"証明"が存在しませんので、生産者や販売者側で情報を操作すること可能になってしまいます。

これに対して第三機関が認めるオーガニックは、国際的基準(日本では有機JAS規格)に準ずる認定機関による厳しい事前調査の上、認証されたものだけがオーガニックとして表示を許可されますので上記のような行為は未然に防ぐことができます。

日本国内において「オーガニック」や「有機」と商品に直接表記する場合には農林水産省の定める有機JAS認定の取得が必要です。また、商品表示以外にオーガニック製品として説明、販売するには国内外を問わず第三オーガニック認証機関の証明が必要です。
有機JAS認定の格付けは日本農林水産省の認証機関により許可された認定業者が行います。また有機JAS認定以外の海外の認定の場合は
IFORM(国際有機農業運動連盟)に加盟する認証機関が国際的なオーガニックのスタンダードとして最も信頼されております。 (IFORMは認証機関が集まる団体・協会ですのでIFORM自体が有機認定を出すことはありません。まれにIFORM認定商品といった表記がありますがこれは基本的に間違いです)



オーガニック製品を選ぶ場合には、その製品が「どの認証機関による認定か?」を知っておくことも安心するための一つの判断材料になります。しかし認定の取得には数多くの厳しい基準をクリアになければならないため悪質な場合には有機認証そのものを偽称するケースもあり近年ではそのような事件も発生しております。オーガニック表記商品について質問があれば農林水産消費技術センター 食品表示指導課に相談されるとよいでしょう。




bud有機JAS認定とは?


世界的にオーガニック食品への関心が高まる中、2001年4月1日に発効した改正JAS法により国内で販売する農産物や農産物加工食品に「有機」又は「オーガニック」と表示するには、有機JAS認証機関による認定を取得する義務が課せられました。

 

有機JAS法制定以前はオーガニックの基準や認定方法が曖昧なことに加え、規制もなく誤解を招く表示も多かったのです。 例えば「有機栽培で作りました!」とあっても無農薬で栽培ながら化学肥料を使用している、や、無農薬有機栽培でありながら洗浄剤や保管場所でくん蒸(煙による殺虫)を行っている、といった事態が頻繁にありました。
法的な規制がなく、オーガニック表示も自由だった為ですが消費者の健康や食の安全性に対する関心が高まり、適切な表示への見直しを測る必要があったのです。こうした背景から日本でも有機JAS制度の導入により有機農産物・加工食品の基準を明確にしました。
bud輸入品の有機JAS規格及び認定の基準

輸入品においても有機JAS認定を受けるには多くの基準をクリアしなければなりません。
最も一般的なのは有機JAS認定の認証資格を持つ海外および国内認証機関が現地にて直接認定を行うことですが、そんでない場合は有機JAS法が認める国に限り可能として、当該国の公的認証機関による有機認定との擦り合わせの上、輸入者側においても有機JAS認定を取得して有機関連の書類確認をもって物品の有機性を確保します。
有機JAS認定は該当物質の生産方法の確認に始まり、製造工程、流通方法、商品の保管・管理とその責任者の制定に至るまで細かく設定され、そして認定検査官の事前審査とオーガニックに関する講習を終了して認定となります。

bud有機JASマークの法的規制

オーガニックの基準を満たして製品と、そうでない自称オーガニックを区別する為に定められた有機JAS認定法により、日本では認定業者による格付の表示(有機JASマーク)が付されたものでなければ「有機○○」や「オーガニック○○」の商品表示をすることはできません。
この規定に違反した場合は、農林水産省大臣による名称の表示の除去・改善命令の対象となり、これに従わない場合には50万円以下の罰金が課せられることになります。

有機JAS規格についてさらに詳しくお知りになりたい場合は農林水産省ホームページをご参照ください。






       「ごごのひだまり」  ひとみママ

*** 福岡県久留米市の 国産天然の楠シリーズ、国産たんぽぽコーヒー、アロマオイル、
 無添加・オーガニック商品や日用品など、体や地球にやさしい物を集めた雑貨&カフェです ***

         
「ごごのひだまり」
 西鉄久留米駅より徒歩5分   
            TEL / FAX  
0942-48-4321
     ホームページ 
http://www.gogono-hidamari.com


« イベント | メインページ | アーカイブ | オーガニックコットン »

このページのトップへ