プロフィール

小さい頃からアレルギー体質とつきあいながら、今は二児の子育てと旦那のメタボに悪戦苦闘中!「与えられた条件の中でどれだけ楽しめるか」をモットーにシンプルな快適生活を日々発見していきます♪

月別 アーカイブ

HOME > ひとみ店長の店長日記 > アーカイブ > 2016年2月アーカイブ

ひとみ店長の店長日記 2016年2月アーカイブ

オーガニックローズウォーター

当店で取り扱っている、ローズウォーターのご紹介。

ブルガリアのバラの谷からの直輸入したダマスクローズのローズウォーター。
アメリカのオーガニック認定機関USDA(United States Department of Agriculture)のオーガニック認証付き、また、政府指定ブルガリア研究所が品質を保証している製品です。

10ml・30ml・200mlのスプレー瓶にその場で詰め替え販売しています。
それぞれ150円・300円・1500円(瓶代別)です。

バラには、抑うつ状態を改善し心を明るく高揚させ、女性に自己肯定感を高める作用があるという。加えて保湿作用、抗菌作用、リラックス作用etc.......、また肌の調子を整え、女性ホルモンの働きを正常化させる力もあるといわれます(『アロマテラピーのための84の精油』/フレグランスジャーナル社より)

現地では、ローズウォーターは美容のみならず、清めの儀式に、お菓子の香りづけに、また目薬や火傷などの治療薬にと、まるで魔法の水のように親しまれています。

当店でご購入されるお客様は、化粧水として使われる方が多いようです。
rose.jpg
ダマスクローズは最古のバラの一系統と言われています。

** 福岡県久留米市の 国産天然の楠シリーズ、たんぽぽコーヒー、アロマオイル、
 無添加・オーガニック商品や日用品など、体や地球にやさしい物を集めた雑貨店です
***
  
           
             「
ごごのひだまり」
                            西鉄久留米駅より徒歩5分   

                       〒830-0036  久留米市篠原町4番地
           
 TEL/FAX 0942-48-4321


LLアドバイザーに登録しました。

久留米市が管理・運営する生涯学習・男女共同参画に関する様々な情報を紹介する「えーるネット」に、学習会や団体活動のお手伝いをする講師LLアドバイザーとして登録しました。
よろしくお願いいたします。

こちらからご覧ください紹介

** 福岡県久留米市の 国産天然の楠シリーズ、たんぽぽコーヒー、アロマオイル、
 無添加・オーガニック商品や日用品など、体や地球にやさしい物を集めた雑貨店です
***
  
           
             「
ごごのひだまり」
                            西鉄久留米駅より徒歩5分   

                       〒830-0036  久留米市篠原町4番地
           
 TEL/FAX 0942-48-4321


さとう式リンパケアののぼりが出来ました。

さとう式リンパケアののぼりが出来ました。
来店時の目印にしてください。
リンパケアのぼり-3.jpg

** 福岡県久留米市の 国産天然の楠シリーズ、たんぽぽコーヒー、アロマオイル、
 無添加・オーガニック商品や日用品など、体や地球にやさしい物を集めた雑貨店です
***
  
           
             「
ごごのひだまり」
                            西鉄久留米駅より徒歩5分   

                       〒830-0036  久留米市篠原町4番地
           
 TEL/FAX 0942-48-4321


今日の日本人は欧米の食生活で欧米人並みの体力がついたと洗脳されている

こんな記事が出ていました。
参考までにコピペします。

元記事はhttp://next.spotlight-media.jp/article/242309185846690756です。

今日の日本人は欧米の食生活で欧米人並みの体力がついたと洗脳されている

医学者として優れたベルツが明治時代に日本人の強靭な体力は原因は何かを調査した記録が昭和6年に出版された「ベルツの日記」の中に残されている

ベルツは知人から日本に滞在している間に日光東照宮を見た方がいいとすすめられ、馬で東京から日光まで14時間かけて行きました。

その時、途中で馬を6回乗り替えました。


2回目に行った時は人力車に乗って行きましたが、その車夫は1人で14時間半で行ってしまいました。


馬よりすごいこの体力は一体どこから来るのか、彼は実験を始めました。

人力車夫を2人雇って3週間彼らの食生活を調査しました。


肉類などの高タンパク・高脂質のいわゆる彼らの理想とする食事を摂らせながら体重80キロの人を乗せて、毎日40kmを走らせたところ、3日目で疲労が激しくなり、元の食事である米・大麦・イモ類・栗・百合根など(高炭水化物・低タンパク・低脂質)に戻して欲しいという事で普段通りの食事に戻すとまた元気に走れるようになるという結果がでました。


ベルツはドイツの栄養学が日本人にはまったくあてはまらず、日本人には日本食が良いという事を確信しました。


それにもかかわらず、ベルツの「日本人には日本食」という研究結果よりも、フォイトの「体を大きくする栄養学」の方を明治政府の指導者たちは選んでしまいました。

この当時の人力車夫の一日の平均走行距離は50キロメートルといわれていますが、もしこの人たちが現代のオリンピックのフルマラソンに日本代表で出場したらどんな記録を出したのでしょうね。


ちなみに飛脚の人はもっと走ったそうです。


また、さらにベルツは「女性においては、こんなに母乳が出る民族は見たことがない」と驚きを記しています。


昔の日本人は、このように優れた体力を持っていたならば、戦国時代の合戦のシーンで馬に乗った武将たちの後を、足軽が槍を持って駆け足で追っかけていますが、これは十分可能だったということです。


しかも戦をする前にはきっと何十キロ、何百キロという距離をすでに移動してきているでしょう。


今までテレビを見ながら「足軽の人たちは、日頃は農作業で大変なのに気の毒だなあ」、と思っていました。


今思うと途中の休憩は人間の休憩ではなく馬の休憩だったのかも知れません。

以上

** 福岡県久留米市の 国産天然の楠シリーズ、たんぽぽコーヒー、アロマオイル、
 無添加・オーガニック商品や日用品など、体や地球にやさしい物を集めた雑貨店です
***
  
           
             「
ごごのひだまり」
                            西鉄久留米駅より徒歩5分   

                       〒830-0036  久留米市篠原町4番地
           
 TEL/FAX 0942-48-4321


« 2016年1月 | メインページ | アーカイブ | 2016年3月 »

このページのトップへ